走って転んで立ち上がって

寂しさの紛らわし

日本のいい所悪い所〜一時帰国してみて〜

空港の到着口を出てからムワッとした熱気を感じて、ベトナムに戻ってきたことを実感した。

あぁ、またこの国に戻ってきたんだなとスーツケースをひきながらタクシーに乗り込んだ。

 

昨日まで日本に帰省していた。

約一週間ほどの帰省だったが、帰ってきてみると全てが夢のように感じる。

私は3か月に1回くらいのペースで帰省したい。理想だ。

やはり日本の環境に勝るものはない。

海外就職者の中には一年近くいて全く帰らないという人もいるし、帰省のペースや期間については個人差がある。

私はリフレッシュしたい。完全に旅行気分だ。

一週間以上滞在しているとマンネリ化してきて、日本の良さが分からなくなってくる。

ある程度の期間をあけると、ほんの少しだが自分の知っていた街や人が微妙に変わっていたりして新鮮味を感じる。

今回家の近くをちょろっと散歩してみたが、ずいぶんと家や店の入れ替わりが激しいんだなぁと感じた。

 

普段日本にいたらわからなかった日本の良さも感じることができた

ここで、今回の帰省で感じた日本の良さを列挙したい。

 

鉄道の共通ICカードが便利。

一枚でありとあらゆる公共交通機関が使用できる。

2001年から導入されて早15年が経った。

今やどの鉄道会社でも使えるし、コンビニでもタッチするだけで買うことができる。

もうほとんど現金を持たなくても、suica一枚で事足りると思うと恐ろしい。

その反面、suicaは落としたら最後だな、と思った。

最近はベトナムの紙幣の使いにくさにカードでピッをうらやましく思った。

 

 

トイレがきれい。

入った瞬間にあぁ~日本だな~と感じずにはいられなかった。

音姫にウォッシュレット、便座クリーナーなんかも。手をかざせば自動洗浄。

トイレ環境に至れり尽くせりである。

こういうところが本当に日本のいいところだ。

確かに日本でも公園の公衆便所でひどいところもあるかもしれないが、

それにしたって便座がびちゃびちゃになっていたり、水桶が置いてあって自分で汲んで便器に流さないと洗浄できないトイレなんかに

比べたら文句がつけられない。

また、最近は女性トイレに化粧スペースが設けられてるところなんかあって、もうため息が出る。

 

 

空気が清々しい。

橋を渡っているときだった。風が強く吹いて髪がばさばさと揺れた

思わず顔をそむけ、目を細めてしまった。

ベトナムでは風にのった砂埃で目や喉がやられるからだ。

でも、あら不思議。躊躇なく息が吸えることに感激した。

なんて空気が清々しいんだ!!大空へ羽ばたきたくなるような気分だった。

 

 

道の舗装がきれい、道もきれい。

ベトナムに歩道なんてない…いや、正確にはあるっちゃあるが歩道とは呼べるものではない。

公道が混雑しているときに抜け道変わりにバイクが通ってきたり、逆走してきたり。

おまけに道はボコボコ、大量のバイク駐輪で歩道がふさがれていたりなんかも。

歩いているだけで気を使う歩道なんてもはや歩道ではない。

ベトナムで散歩すればするほど、プリプリとイラついていた私であったが、日本の歩道の綺麗さに涙した。

 

 

支払パターンが多い。

コンビニで支払う時に現金以外の選択肢が非常に多い。

何が何だかわからないが、ピッをするところに様々なステッカーが貼ってあり

この支払方法を使用すればポイントが○○なんて書いてある。

各社が競ってサービスを展開した結果、消費者にとってもよくわからないことになっているが、

それだけ日本の電子マネーサービスは進化していると感じる出来事だった。

 

 

自動販売機が便利。

日本にいれば当たり前だが、どこでも主に飲料水が手に入るのは日本しかないと思う。

壊そうと思えば壊せる無人販売機が至る所に置いてあって、多少は窃盗もあるだろうが

それなりの秩序を保ちながら設置してあるのはもしかしたらすごいことなのではと思い始めた。

たぶん、ベトナムで設置し始めたら器物破壊と窃盗犯まみれになるだろう。

 

 

店員がきちんと働いている。

ベトナムでは店員が暇なときにおしゃべりや昼寝は当たり前、ひどいときは見るからに面倒くさそうに対応されたりする。

また、サービスという概念がなくやったかやらないかの差でしかない。

例えば日本では店員が食べ物を運んでくるとき、○○をご注文されたお客様~などとよく言われると思う。

ベトナムではそんなことはなく、場所も考えずにボン!と置いて終わりである。

また食べ終わりかけの食器もすぐに片付けたがる。

確かに高級店ではそれなりの接客サービスを教育されているが、街中やチェーン店ではまだ接客サービスに対する意識は低い。

おもてなしは世界一と呼ばれる日本で生まれたからこそ、他の外国人と比べて厳しいチェックになってしまうかもしれない。

やはりこの国には自分が起こした行動の結果がどうなるかという想像力がもう少し必要ではないだろうか。

 

 

新商品や期間限定の販売ペースが早い。

コンビニでお菓子を選んでいるときだった。

通年で売られているお菓子ブランドの味の種類やたらと豊富ではないか。

そして季節関係なく、何かとコラボレーションした商品が増えている。

前は5月になれば抹茶味だらけになり、秋になればイモ、栗、ナッツ味が急増したり、

目に見えて季節感がどどん!と押し出されていたのに、最近はあまり季節にこだわっていないらしい。

もしかしたら、他社競売が激しくなって同じような味を同じ時期に売り出しても売り上げが上がらないと製菓業界が気付き始めたか。

そう考えると、日本には四季があるからこそお菓子にも季節感を感じることができたのに、

こちらに来てから通年暑いから、お菓子のバリエーションに変わり映えがない。

お菓子に関してもちょっとうまいこと考えたら隙間産業になるんじゃないか。。。と思ったり。

 

 

ゲームセンターのゲーム機の進化がすごい。

たまにショッピングモールを散歩しているとゲームスペースがあって、入ってみると懐かしいアーケードゲームがずらり。

そういえば、ベトナムで独立したゲームセンターを見たことがなかった。私が見逃しているだけだろうか。

ショッピングモールのゲームセンターがあるにはあるけど、どことなく古めかしく感じる。

まだ、その場限りの物理的?なゲームが多い気がした。

日本に帰って久しぶりにゲームセンターに行くとカードで自分の情報が記録でき、インターネットを通じて全国の様々なプレイヤーと

リアルタイムで対戦できるシステムに舌を巻いた。タッチ一つで世界中と繋がれる。

人気な音ゲーなんかはちょっと列ができてるし、上手いプレイヤーの前には人だかりができている。

たぶん、その段階になるには10年くらいかかるんだろうなぁ…

 

 

スーパー銭湯がある。

日本に帰ってきてしたかったことNo.1である。

とにかく湯船に浸かりたい。日本のお湯に浸かりたかった。

私のアパートには幸いにもバスタブがついている。

しかし、ベトナムの水質が悪く髪を洗っても洗っても痒かったり、体も痒く感じる。

バスタブにお湯を貯めたこともあるが、貯めた湯をじっと目を凝らしてみると何やら不純物が浮かんでいるではないか。

またベトナムの水質は日本と比べて硬水のようで、どうしても髪の毛が痛んでしまう。

日本で友達と岩盤浴をした後、露天風呂に浸かっていた時なんて本当に極楽だった。

水質が日本は軟水なので、しっとり柔らかく感じた。湯上りの肌もモチモチである。

 

 

今までは日本をべた褒めしてきたが、次に激萎え項目について述べる。

通信環境が悪い、高い。

国内の通信業界は利権を握ってるのかというくらい、日本に帰ってきたときの通信費はバカにできない。

私はどちらかというとヘビーユーザーなので、通信データは潤沢に使いたい方だ。

前回日本に一時帰国した時は格安SIMカードを使ったが、1日200MBの制限をすぐに超えてしまった。

街中でフリーWifiを使おうにもどこも契約が必要でしかも高い

仕方なく街中ではドトールやタリーズなどの喫茶店で装備されている契約の必要がないフリーWifiでネットをするしかなかった。

 

物価が高い

ベトナムでの生活に慣れてきたからかどうかはわからないが、全体的に物価が高いと感じるようになった。

私が今回都市圏にいたから余計に感じる事だったのかもしれない。

特に食べ物の物価がホーチミンの2倍から3倍に高いと感じた。

 

 

外国人が増えた。

首都圏は欧米~世界中、関西圏は特にアジアからの外国人旅行者を見かけるようになった。

また、首都圏のコンビニやでは外国人労働者が多く働いていた。

日本の外国人労働者も今後どんどん増えていくんだろうなぁと思った。

 

 

多言語対応が増えた。

日本語表記の横に英語は当たり前のようについていたが、最近は中国語韓国語スペイン語の世界の主要言語が街でも見受けられた。

特に京都なんかはインフォメーションスタッフが中国語や韓国語対応出来たりと外国旅行者に対しての受け入れが進んでいる。

私はこれは良いことだと思っているし、日本人ももう単一民族としては生きられない時代に突入した。

 

 

何でもポイントカード。

ポイントカードが多すぎる。財布のカード入れが膨らむばかりだ。

継続利用で特典が付くのはいいが、特典が継続利用の割に見返りが少ないようだと萎える。

継続利用を促す仕組みなのかもしれないが、今やどこも取り組んでいるシステムなので何か新しい仕組みが必要なのではないか。

ただ、ベトナムにはポイントカードなどという仕組みは全く見たことがない。

もしかしたら、ポイント集めが大好きなのは日本人の特性なのかもしれない。

 

どこでもスマホ、スマホ、スマホ 顔死んでる。

電車に乗っているときだった。

最近は会話よりも画面を見ている人が圧倒的に増えた。

グループと思われる乗客も皆スマホをいじっている。

それが日本にとっては普通の光景になりつつあるのかもしれないが、ちょっと異常じゃないか。。。?

本や雑誌を読んでいる人も滅多に見なくなった。

ありとあらゆるものが電子化されている中で、人との繋がりはなくしちゃいけないと改めて思った。